いつも利用している郵便局でお金を借りたい

お金が足りなくて困り金融機関からお金を借りようと考えた時、「いつも利用していて親しみのある郵便局からお金を借りれたら良いのに」と思うこともあるでしょう。

 

特に銀行や消費者金融で取扱っているカードローンが郵便局でも利用できれば、必要な時にいつでもATMを利用して借りることができるので便利ですよね。

 

コチラでは、郵便局にもカードローンはあるのか、そしてそれは借りやすいのか知りたいという方に役立つ情報をお伝えしています。

 

郵便局のローンは担保やゆうちょ口座有りが基本

郵便局でお金を借りようと思うと、厳しいことに担保が必要となるのが現状なのです。ただし、その代わりにメリットもあるため、普段から郵便局に貯金している人にはおすすめの貸付けと言えます。

 

郵便局の貸付には4つの種類があります。

郵便局の3つの貸付け

  • 1.財産形成貯金担保貸付
  • 2.貯金担保自動貸付
  • 3.国債等担保自動貸付
  • 4.JP BANKカードのキャッシング

上記の貸付けは郵便局の貯金や、ゆうちょ銀行から買った国債を担保にして、審査なし・保証人なし・低金利で借入れできるローンとなっています。それぞれの貸付けの詳細は以下の通りです。

 

財産形成貯金担保貸付

郵便局の財産形成貯金担保貸付とは、財形貯金を担保として請求時の現在高の一定割合に相当する額を借りることができるローンです。

 

具体的には財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金の残高に利子を足した金額の90%以内(1契約につき最大300万円)が借入可能額となるのです。借入れや返済をする場合には、郵便局かゆうちょ銀行の貯金窓口へ来店して手続きをする必要があります。コンビニATMからでも借入可能となっている銀行や消費者金融のカードローンのような手軽さは期待できません。

 

利用方法では不便に感じてしまう財産形成貯金担保貸付ですが、返済時の約定利率(2019年1月現在では0.010%)+0.25%という低金利でお金を借りることができるため、大変お得ですよね。

ゆうちょ銀行「財産形成貯金担保貸付」の概要

  • 貸付けの担保となるもの:財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金
  • 貸付金額の上限:財形貯金の残高に利子を加えた金額の90%相当(1契約につき300万円まで)
  • 貸付期間:2年、あるいは担保貯金の満期を迎えるまで(1回限り貸付けの更新可能)
  • 貸付方法・回数:ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口での手続き・貯金1件につき1回(1,000円単位)
  • 返済方法・回数:貸付金額と貸付利子をゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で返済・1〜4回まで
  • 金利:返済時の約定利率(%)+0.25%
(参考:ゆうちょ銀行HP「財産形成貯金担保貸付け」)

 

貯金担保自動貸付

郵便局の貯金担保自動貸付は、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付けです。通常貯金の残高を超える払戻しの請求があった時に不足分が自動的に貸し付けられる「自動貸付け」となっているため、キャッシュカードがあればカードローンのような使い勝手でお金を借りることもできます。

 

具体的には担保定額貯金または担保定期貯金の残高の90%以内(1冊の総合口座通帳につき300万円まで)が借入限度額となっています。借入れや返済の方法は、通常貯金の出金や入金となり、限度額の範囲であれば何度でも借入れできますし、返済の回数も特に決められていません。

 

金利は、担保定額貯金を担保とする場合には返済時の約定金利(%)+0.25%、担保定期貯金を担保とする場合には預入時の約定金利(%)+0.5%の低金利になっています。2019年1月現在の金利は、どちらも0.010%となっているため、安心して貸付けを受けることができますよね。

ゆうちょ銀行「貯金担保自動貸付」の概要

  • 貸付けの担保となるもの:担保定額貯金または担保定期貯金
  • 貸付金額の上限:預入金額の90%以内(1冊の総合通帳につき300万円まで)
  • 貸付期間:2年、あるいは担保貯金の満期を迎えるまで(元利金継続の担保貯金は2年以内)
  • 貸付方法・回数:通常貯金の残高を超える払戻しがあった時に自動的に貸し付け・無制限
  • 返済方法・回数:貸付金額と貸付利子の相当額を通常貯金に入金・無制限
  • 金利:貸付時における預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%
(参考:ゆうちょ銀行HP「貯金担保自動貸付け」)

 

国債等担保自動貸付

ゆうちょ銀行の国債等担保自動貸付は、総合口座で管理するゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で購入した国債を担保として、額面金額の一定割合に相当する額を利用限度額として借りることができます。

 

貯金担保自動貸付と同じように通常貯金の残高を超える払戻しの請求があった時に不足分が自動的に貸し付けられる「自動貸付け」であり、キャッシュカードがあればカードローンのような使い勝手でお金を借りることもできるのです。

 

具体的には利付国債及あるいは個人向け国債の80%、1人200万円までを上限にお金を借りることができるようになっています。借入れや返済の方法は、通常貯金の出金や入金となり、限度額の範囲であれば何度でも借入れできますし、返済の回数も特に決められていません。

 

金利は、貸付時における預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%の低金利になっています。2019年1月現在の金利は0.010%となっているため、安心の低金利でお金を借りることができます。

ゆうちょ銀行「国債等担保自動貸付」の概要

  • 貸付けの担保となるもの:ゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口で購入した利付国債及び個人向け国債
  • 貸付金額の上限:利付国債または個人向け国債の80%まで、かつお1人につき200万円まで
  • 貸付期間:1年、あるいは国債の償還日の7営業日前まで
  • 貸付方法・通常貯金の残高を超える払戻しがあった時に自動的に貸し付け・無制限
  • 返済方法・貸付金額と貸付利子の相当額を通常貯金に入金・無制限
  • 金利:貸付時における預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%
(参考:ゆうちょ銀行HP「国債等担保自動貸付」)

 

JP BANKカードのキャッシング

 

 

郵便局でお金を借りるのであれば、担保となる貯金や国債が必要です。ただしゆうちょ銀行で発行しているJP BANKカードのキャッシング枠を利用する場合であれば、郵便局から最大50万円の借入れが可能です。

 

JP BANKカードの利用は、ゆうちょ銀行に通常貯金の口座を持っていることが条件となり、合計8枚ある内の半数がキャッシュカード一体型カードとなっています。(→ゆうちょ銀行公式HP「商品内容」

 

高校生を除く18歳以上の未成年も作れる「JP BANK VISAカード ALente」や「JP BANK JCB カード EXTAGE」もあり、前者ではキャッシングも可能です。(未成年のカード申込みには親の同意が必要)

 

カードによっては専業主婦の方でも旦那さんに安定した収入があれば申し込みできる場合もあるので、審査によりキャッシング枠を付けてもらえる可能性もあるでしょう。

 

郵便局が窓口のスルガ銀行カードローンは借りやすい?

※ゆうちょ銀行が業務を代行しているスルガ銀行カードローン「したく」は、金融庁より行政処分を受けたことを理由に、2018年10月31日をもって新規の申込みが終了となりました。現在は、既契約者のみが利用可能となっています。(→金融庁公式HP「スルガ銀行株式会社に対する行政処分について」

 

ゆうちょ銀行でカードローンを利用する場合には、スルガ銀行カードローン「したく」に申込む必要があるのです。これはゆうちょ銀行にはカードローンはなく、スルガ銀行のカードローン業務を代行しているからです。

 

それでは郵便局が代行するスルガ銀行のカードローンは借りやすいのでしょうか?

 

ゆうちょ銀行「したく」は申込みに時間が掛かる

【参考:ゆうちょ銀行カードローン「したく」公式サイト

 

ゆうちょ銀行が窓口になっているカードローン「したく」は、最高500万円まで利用可能であり、銀行と同じように総量規制は対象外となっているため、年収の1/3を超えても借入れは可能です。

 

インターネットからの申込みならば、最短30分ほどで審査結果が回答されますので、審査スピードは速いと言えますね。

 

ですが、カードローンに申込みをすると、以下のような流れとなるのです。

スルガ銀行カードローン「したく」の申込み流れ

  1. インターネット・電話・ゆうちょ銀行の窓口から申込み
  2. 審査・審査結果の連絡
  3. 必要書類の送付・本審査
  4. カードの到着後利用開始手続き
  5. ATMから借入れ

インターネットや電話での申込みはカンタンですが、必要書類の郵送も含めるとローンカード発行までには2〜3週間程度となっているため、申込みには時間が掛かるということになります。

 

即日でお金借りるなら消費者金融の方が借りやすい

総量規制が対象外となっている郵便局の貸付けは、担保となる貯金があれば最大で300万円ものお金を無審査で借りることができます。万が一融資したお金の返済ができなくなっても、担保となる貯金や国債を処分することで容易に回収ができるからです。

 

ただしJP BANKカードのキャッシング枠の利用では、一定の審査があります。審査に通ることができてもカードの発行まで数日間の時間が必要です。

 

ゆうちょ銀行で担保となる貯金などがある場合には低金利でのキャッシングが可能ですが、普段は郵便局と付き合いがないという方や、即日融資を希望する場合には消費者金融の方がお金を借りやすいと言えます。