MENU

いつも利用している郵便局でお金を借りたい

お金が足りなくて困り金融機関からお金を借りようと考えた時、いつも利用していて親しみのある郵便局からお金を借りれたら良いのにと思うこともあるでしょう。

 

特に銀行や消費者金融で取扱っているカードローンが郵便局でも利用できれば、必要な時にいつでもATMを利用して借りることができるので便利ですよね。

 

コチラでは、郵便局にもカードローンはあるのか、そしてそれは借りやすいのか知りたいという方に役立つ情報をお伝えしています。
【参考:郵便局でお金を借りれる方法はだれでも借りれるの?

 

郵便局のローンは担保アリが基本

郵便局でお金を借りようと思うと、厳しいことに担保が必要になってしまうのが現状となっているのです。

 

郵便局の貸付は3つの種類があります。

  • 財産形成貯金担保貸付
  • 貯金担保自動貸付
  • 国債等担保自動貸付

と3種類あるのですが、郵便局の定額貯金や総合口座の残高、ゆうちょ銀行から買った国債を担保にして借入れできるローンとなっています。

 

それでも、郵便局から無担保でお金を借りることは可能です。ただし注意したいのは郵便局ではなくスルガ銀行のローンであるということですが、カードローンの利用も可能になっています。

 

郵便局が窓口のスルガ銀行カードローンは借りやすい?

ゆうちょ銀行でカードローンを利用する場合には、スルガ銀行カードローン「したく」に申込む必要があるのです。これはゆうちょ銀行にはカードローンはなく、スルガ銀行のカードローン業務を代行しているからです。

 

それでは郵便局が代行するスルガ銀行のカードローンは借りやすいのでしょうか?

 

ゆうちょ銀行「したく」は申込みに時間が掛かる

【参考:ゆうちょ銀行カードローン「したく」公式サイト

 

ゆうちょ銀行が窓口になっているカードローン「したく」は、最高500万円まで利用可能であり、銀行と同じように総量規制は対象外となっているため、年収の1/3を超えても借入れは可能です。

 

インターネットからの申込みならば、最短30分ほどで審査結果が回答されますので、審査スピードは速いと言えますね。

 

ですが、カードローンに申込みをすると、

  1. インターネット・電話・ゆうちょ銀行の窓口から申込み
  2. 審査・審査結果の連絡
  3. 必要書類の送付・本審査
  4. カードの到着後利用開始手続き
  5. ATMから借入れ

という流れになるのです。

 

インターネットや電話での申込みはカンタンですが、必要書類の郵送も含めるとローンカード発行までには2〜3週間程度となっているため、申込みには時間が掛かるということになります。

 

即日でお金借りるなら消費者金融の方が借りやすい

総量規制が対象外となっている郵便局のカードローン「したく」は専業主婦の方も申込み可能です。

 

ただし銀行であるため特に厳しい審査をクリアする必要もあり、即日融資は期待できないことから、専業主婦以外の一定の収入がある方ならば、消費者金融の方が借りやすいと言えるでしょうね。

 

消費者金融ならば銀行よりは若干ですが審査内容が柔軟になっていること、即日融資も可能になっていることからスピーディさではコチラの方が上位となりおすすめです。